虹色の糸

23日は双子座で新月でした。エネルギーが強かったので1日中眠くて体がだるかったです。こんな日は何をやってもうまく進まないことがわかっていますから、昼からはゆっくりと過ごしました。体をほぐすヨガをして、少し瞑想もしました。世の中が不安定なときに自分の波動を整えるのは難しいですが、出来る限り優しく穏やかに保っていたいです。

 

新月のsewing meditation は光るブルーの羽根。糸を選ぶとき、ふと見ると糸の束が虹色に並んでいます。それを見て思い出した事があります。4年前、手の腱鞘炎が悪化し、手を使う事自体が出来ないような状態でした。そのときにもう刺繍することも出来なくなる、と覚悟をして刺繍糸を全部整理して人に譲りました。私よりだいぶ若い友人で、これからきっと素敵な作品を作っていかれるだろうなと思う方へ譲りました。彼女は私の作品のファンでもいてくれたので、思いがけずショックを受けてもいて、私の刺繍の作品をとても大事に思ってくれていることや、またいつか作品を作って欲しいということを伝えてくれました。そのときになって初めて、作品というものが自分だけではなく人の心にも大切に存在してくれている事を知りました。(きっとこのブログを読んでくださっている貴重な方々も、同じ気持ちを持っていて下さるのでしょう。。) 彼女の言葉で、またいつか手が治ったら刺繍しようと思う事ができました。そして、気がついたら刺繍糸が虹色になるほど貯まって、好きな色を好きに使ってまた刺繍していました。

世界はすでに大きく変化していて、より自分の魂にそった生き方へと促されています。喜びを持って人や社会へ奉仕できる形を、私も探しながら制作しています。他人と比べる事なく、自分が愛を持ってできる事をできるやり方で。

もう片方のドア

片方のドアを閉めても、その風でもう片方が開く

 

外出自粛の間に自宅で見ていた映画のセリフで聞こえた一節です。それぞれの人にとって新しいもう片方のドアが開く時なのだと思います。素敵な言葉だったのでシェアします。

 

写真はメディスンバッグー天の川銀河

太陽の羽根に学ぶ

 

仮住まいになって10日ほど経ちました。外出自粛もあり、毎日その瞬間瞬間を生きることにしているから、何かをしたという記憶があまりありません。

ゼロでいる。それはとても大切なことです。今に集中していると、過去に囚われることもないし、未来を心配することもありません。今を大切に過ごし、大切に過ごした今が未来になっていく。私は思い出や記憶を握りしめていたのかもしれません。(良いことも悪いことも、素晴らしい作品のことも、悔しい思いをした作品のことも)。過去の記憶で今が見えにくくなっていたのかもしれません。それに気がついてからは、今この瞬間に意識を向け、味わうようにしています。すると、とても軽くなって、自分の中にスペースができてきました。わあ、ギュウギュウだったんだ、、、とびっくりします。記憶や思い出を無くす訳ではなく、宇宙にポーンと放って、いつでもそこにあると知っていると、握りしめずに大らかに手放していられるのですね。

スペースができると、内なる声がよく聞こえてきます。必要な情報も、どんどん目の前に現れてきます。本来の魂のままでいることが大事だと言われるのは、きっとこういう事なのですね。

毎日1枚の羽根を刺繍する。その手仕事を通して、私は自分に1歩近づきます。毎日違う色、違う表情の羽根が生まれ、それを素直に表現しています。自分の内側に大きな宇宙があって、そこには様々な色がある事を知ります。自分という個と、広大な宇宙が1つになる時間でもあります。今はなにかを成し遂げたいという思いも手放して、ただただ1枚の羽根に学ぶ時間を過ごしています。とても豊かな時間です。

祈りの羽根

塩屋の家がメンテナンスのため、6月まで別の場所に退避しています。

人によってはそろそろ仕事も動き出していますね。私は5月後半までは、引き続きゆったりした時間となりそうです。その間、何となく落ち着かないので手を動かしていたいなと思い、毎日1枚の羽根を刺繍していくことにしました。きっかけは、友人が送ってくれた木彫りの角大師さまの版画。疫病封じ、厄除の大師さまで、安心安全を祈願して彫ってくれたそうです。ちょうど私の環境が目まぐるしく変化している真っ只中なので、しょぼんと凹んでいる時もあり、優しさが心にじーーーんと染み渡りました。そのお礼にと、まず1枚の羽根を刺繍しました。この羽根は郵送してしまいましたが、これから1枚ずつ刺繍する羽根が、沢山増えて翼になる頃には穏やかな日々になりますようにと祈ります。自分自身の環境も、最善を思い描くことでより良い環境へ変化させていこうと思います。出来るだけリラックスしながら、優しい愛が循環する環境をイメージしてフォーカス。今は世界的に見ても動く時ではないので、ただただリラックスして、優しい気持ちで過ごすことが何より大事な気がしています。

 

上昇気流がおこるとき。

GWは終わりましたが、まだまだ外出自粛は続きますね。皆さんはどんな風に時間を過ごされていますか?

昨日は満月。今、地球は大きく変わりつつありますね。それと同時に、個人にも変容の風が強く吹いています。その例に漏れず、私にもびっくりするような出来事があり、半ば強制的に環境が変わりつつあります。

昨年のちょうど今頃、今の場所とのご縁が強くなりました。移動はまだ半年先でしたが、人生が新しい波に乗り始めたことをひしひしと感じていました。そして今、その時の変容の風とは比べものにならないような、強くて清々しくて、真っさらな風が私の人生を押し上げてくれています。この風に、本当に望むこと以外は捨て去りなさい、と強く言われているように思います。私たちは何かを実現させようとする時に、心底望む事と平行して少し似た代替案を常に用意しています。本当に望む事は叶えるのに時間がかかるからとか、難しいからと言った理由で、少し妥協したプランBを作って失敗や失望する事を回避するように準備します。だから望みが叶っているようでも、おおむね代替案が叶っているように思えます。それでも、大きな失望はなく、そういうものだろうと納得して人生を生きてきました。しかし今吹いている変容の風は、そんな生優しい現実を残らず吹き飛ばしてしまい、本当に本当に心の奥底に願う真実にフォーカスするように促されています。それはとても豊かで、愛に溢れた真実で、だからこそ受け取ることを躊躇したり、願うことすら出来ずにいるのだと思います。人間の記憶の中にそうプログラミングされているのではないかと思ってしまうくらいに、人間て不器用だなあと思います。そんな古い思い込みや、古い思考回路を一掃してくれる風が吹いています。大きな上昇気流です。今まで羽根を休めて傷を癒し、大切に手入れしてきたのは、この風に乗るためだったのだと思います。

皆さんはどうですか?現実が急に大きく動き出して、翻弄されているように感じていますか?もしくは全く動かなくて、じりじりした気持ちでいますか? 深く呼吸して思考を鎮めていると、きっと見えてくるものがあると思います。5月の満月はウエサク満月といってお釈迦さまとつながりの深い特別な満月なのだそうですね。天と地の間に橋がかかる大切な満月。心静かに、今一度内なる自分の深い思いを汲み取ってあげたいと思います。そのための時間が与えられているというのは、宇宙の計らいなのだと思えてなりません。大きな愛ですね。そして上昇気流の風が吹いてきたときは、初めにしっかりと羽ばたいて、ふわっと気流に乗れたら、あとは羽ばたきを止めて力を抜くと、ぐんぐん上昇して進んでいきます。このところ、沢山のたんぽぽの綿毛が風で飛んでいく様子を目にしていたので、その感じが一番近い気がします。乗る風がわからない、、と心配しないでくださいね。風を読む力は、自分の魂がこれまでに培ってきているのだと思います。そっと心を静めれば、きっと大丈夫。

GWの休業日のお知らせ

4/29〜5/6までは営業をお休みします。オンラインショップは引き続きお買い物していただけますが、お問い合わせへのお返事や、ご入金の確認、及び発送は5/7以降になります。どうぞご了承下さい。

 

お休みの間に、少し新しい作品のインスピレーションを蓄えておきたいなと思っています。植物も若葉をいっぱいつけて成長する季節。小さな生命から沢山の元気をもらっています。少しずつ今の状況にもリズムができて、みんな落ち着きを取り戻しつつありますが、疲れも出やすくなります。朝昼晩の気温の差が激しい時でもあるので、どうか心と体に優しく生活して下さいね。

 

海から吹いた風

今日も風がとても強いです。地球が大きく動いているのを感じますね。新月を迎え、また新しい気持ちでサイクルを始めたいところです。ここ最近の強風は、自分の内側にある恐れの気持ちや、要らなくなった思い込みを有無を言わさず吹き飛ばしているように思えて仕方ないです(笑) 毎日少しずつ軽やかになって、穏やかに過ごしていようと思います。

この写真は、大好きなアンティークリネンの端切れを縫い合わせて作ったメディスンバッグ。お化粧ポーチくらいのサイズです。海から吹いてくる風を受けながら、この風が波を起こしているのだなぁと思い、風が海の上に残した足跡のような刺繍をしました。風と波。切り離して考えがちですが、自然の大きな目線で見ると繋がって循環しています。白く横向きに伸びているのは、ゆったり刺したフェザーステッチです。羽根は鳥が風を受けながら、羽ばたく事でまた風を起こしている。雄大に広がり続ける風、その始まりの刺繍です。

紐もリネンを編んで作りました。これでもか!というくらい好みのテイストに作り込んで楽しんだ作品です。誰がどんな風に使ってくれるのだろう?と、この作品に出会って下さるのが楽しみです。

 

オンラインショップに掲載中です。→こちら

風守りのメディスンバッグ

 

鹿児島のsoloさんでの展示期間を終えて大きめの鞄も手元に戻ってきました。今の時期は外出も出来ないし、お洒落や目の保養にするものを購入する事が後回しになってしまいますが、それでも気になる方は直接メールでお問い合わせ下さい。鞄のエピソードと共に少し補足説明を返信させてもらいます。

大きめのサイズだとアンティークリネンの風合いが存分に感じられるのが魅力です。しっとりとした佇まいに癒され、やわらかな生地の雰囲気を肌に感じていただきたいです。アトリエの壁にかけながらも、うっとりしてしまいます(笑)。アンティークリネンは時間を経てきたものだからこそ、その生地が生きてきた時間と対話することができます。そして鞄を持つことで、またここから時間を重ねてもらえるのが嬉しいです。少しくたびれてしまっても、お修理しながら次の代の子供たちへ受け継がれていくような作品になったら、、、と思いを深めています。

 

Medicine Bag /

element series (M) ーやわらかな風とワルツを price¥36000(+tax)

element series (L) ー風守り price ¥48000(+tax)

調和の包み

作品のストックが出来たので、また少しずつオンラインショップに掲載していきます。毎日一つとはいきませんが、短いエピソードを楽しんでいただけるように綴っていきます。調和の包みは、私の作品作りの根っこになる部分から生まれたものです。今この世界はとても大きく変化する途上にあって不安定ではありますが、一人一人が調和を持って生きていられたら、外側から受ける影響は少ないだろうと思います。まずは自分自身と仲良く調和していられると良いですね。自分自身との一致。これが今の私にも大切なテーマです。

 

オンラインショップ→こちら

海へ抜ける道

方向音痴のせいで、初めての道はいつもドキドキしてしまいます。新しい町を散策するのも、私には少し勇気がいります。そんなのどうってことないでしょ?と思われるけれど、個人的にはやっぱり勇気がいることの一つ。

家にこもりっきりなので少し歩かなければと思い、海へ向かいました。塩屋にも小さな浜があると聞いて、丘を下りました。無事に大通りから海へ抜ける道を発見。すごく魅力的な小径の先に海が開けました。波も穏やかです。砂浜ではなく石がゴロゴロしています。日射しが強い時間帯だったからか、人もまばらでちょうどよかったです。

 

 

遠くに淡路島が見えています。今考えてみても、自分が海のそばに暮らすことになるなんて不思議すぎます。塩屋は山も近いのでそこに惹かれたのですが、海へ来てみると、この寄せては返す波の音や、向こうの方まで広がるスケール感が今の私にとって必要だったことがよくわかりました。直感で行動したことは、後になって答え合わせのように意味がわかってきます。散策するにはいい季節なので、いましばらくは小さな町を1人ゆっくり歩いてみようと思います。

1 2 3 4 5 6 16